文字サイズ
検索
学部概要

HOME > 学部概要 > カリキュラム:授業内容

授業内容

専門基礎科目

学科・コース別に特色ある授業内容を展開しています。

経営学部では経営学科・国際経営学科ともに基本簿記を必修科目としています。 また、経営学,会計・ファイナンス,流通・マーケティングに関する基礎科目を幅広く履修することを求めています。

経営学科マネジメントコース

経営組織論
営利企業の組織を中心に、経営組織の概念、経営管理システムにかかわる経営組織の機能や課題について考察します。
ネットワーク組織論
情報ネットワークを利用しながら、さまざまな経営・組織を展開している今日の企業経営を考察します。
経営戦略論
企業の経営環境への適合という対外的なマネジメント問題を中心に企業経営を考える、比較的新しい研究分野です。
システム設計
情報システムを設計開発するための基礎理論と設計技法を、理論と実習によって学びます。

経営学科会計・ファイナンスコース

財務会計論
企業の経済活動を貨幣金額で把握し、その財政状態および経営成績を測定し、株主等の利害関係者に報告することに関する技術・制度・考え方等を学びます。
管理会計論
会計を知らずして経営を語ることはできない。一方、会計情報だけに下手に頼って事業を誤ることも少なくない。このような会計が持つ二面性とその解決策を21世紀の経営の仕組みの中で解明します。
企業財務論
コーポレート・ファイナンスを体系的に学びます。企業の資金調達や投資プロジェクト評価などに関する基礎理論を習得し、ファイナンシャル・プランニングのための知識を身につけます。
国際金融システム論
国際金融システムの歴史的な発展を明らかにしながら、そこで活動を続けているさまざまな金融機関の経営の実態を解明していきます。

経営学科流通・マーケティングコース

ロジスティクス論
生産に必要な部品の調達から、完成品の仕分け・配送、使い終わったモノの回収・リサイクルまで、よりよいモノの流れのトータルな管理システムを考えます。
マーケティング・コミュニケーション論
モノを売ったり買ったりするうえで重要なコミュニケーション。広告だけでなく、製品、流通、価格を含めたマーケティング活動全体から、伝える・伝わる仕組みを解きあかします。
小売企業経営論
めまぐるしい変化に対応する小売企業の経営戦略。なかでも重要なマーケティングの諸活動について、デパート、スーパー、コンビニなど小売業態別の現状をみつめ、課題を考察します。
プロダクト・デザイン論
身の回りのモノは、ほとんどがデザインされている。デザインで買い物を選ぶ消費者も多い。生活をいろどり、価値を高めるデザインとは?について学びます。

国際経営学科

国際経営論
経済のグローバル化が進む今日、日本企業を中心に、企業の国際化・多国籍化についての理論と実態を明らかにします。
EU企業論
これまでEUが深化させてきた経済統合の特徴・成果を学ぶとともに、ヨーロッパの企業の経営の特徴を明らかにします。
国際金融機関論
ヘッジファンドなど国際的に活動している金融機関を分析し、IMF(国際通貨基金)やBIS(国際決済銀行)などの公的機関の役割を研究します。
国際マーケティング論
国際マーケティング戦略の構築に焦点を当て、その基本概念、環境への影響、戦略策定、実施手順を理解し、世界に通用するマーケティングの実務知識の習得を目指します。

その他共通科目

国際フィールドワーク
ドイツ・中国・台湾・アメリカなどに滞在し、現地の企業や経済、社会、歴史、文化に直に触れることで、豊かな国際感覚を身につけます。
ビジネスコミュニケーション
英文ビジネス・レター、電子メールから個人的な海外旅行やインターネット・ショッピングなど身近なテーマに関する英文を読み、また、国際貿易に使われる多様なビジネス英語文の読解を行います。