文字サイズ
検索
就学支援

HOME > 就学支援 > 現場触発型教育:国際フィールドワーク:国際フィールドワーク レポート

国際フィールドワーク レポート

2015年 国際フィールドワーク レポート

国際フィールドワーク(ドイツ、フィンランド)

橋場俊展
(経営学部)

去る2015年8月30日(日)~9月11日(金)、ドイツおよびフィンランドにおいて国際フィールドワークの実習を行った。参加総数は14名、内訳は学生12名、引率教員2名であった。以下、前半のドイツと後半のフィンランドに分け、各々の実習中に頂戴したご講演や訪問先について概要を述べることで報告とさせていただきたい。

ボン大学にてマイヤー教授、磯洋子様、ボン大学院生と

ボン大学にてマイヤー教授、磯洋子様、ボン大学院生と

ドイツでは、ボンで5泊、デュッセルドルフで2泊滞在し、この間ボン大学でマイヤー(Harald Meyer)教授および語学教授を目的としたNPOを創設された磯洋子様のお話を、またデュッセルドルフへの途上立ち寄ったESPRITアリーナではフォルトゥナ・デュッセルドルフ日本デスクご担当の瀬田元吾様のお話、デュッセルドルフではノルウェーにてフローリストとして活躍しておられる大木靖子様のお話を伺った。日本文学の奥深さ、言語習得とコミュニケーション構築の核となるもの、行動し経験を積むことの大切さ、プロフェッショナルという生き方などなど、いずれも含蓄ある内容で学生たちも大いに刺激を受けたようであった。実際これらの講演を契機に目に見えて言動が変わった学生がいたことがそれを裏付けている。これ以外にも企業訪問先のドイツトヨタにおいては同社会長の細江昌樹様はじめ複数の方にご講演いただき、ドイツ自動車市場の現状・特徴や系列金融企業や保険会社とトヨタとの関係など多くを学ぶことができた。また、ライン幼稚園の園長やデュッセルドルフ日本人学校の先生方には、園や学校についてご説明いただくと共に、夕食会にもお付き合いいただき学生たちを激励していただくことができた。ケルン大聖堂、ケーニヒスヴィンターといった観光名所を訪ねる一方で、音楽会に出向くなどドイツ滞在中にはドイツの歴史、文化に触れる機会にも恵まれた。

マキタ・フィンランド訪問後の集合写真

マキタ・フィンランド訪問後の集合写真

続いて、9月6日(日)から10日(木)までフィンランドのヘルシンキに滞在した。同地では国際ノルディックウォーキング協会公認インターナショナルコーチの資格を有する高橋直博様にアテンドしていただきながら、海上要塞スオメンリンナ、テンペリアウキオ教会、シベリウス公園といった名所を観光すると共に、ヘルシンキ大学、ラハティ中学校の見学、そしてマキタ・フィンランドへの企業訪問を行った。ヘルシンキ大学では、明治大学国際日本学部鈴木ゼミの学生たちとご一緒することになり、その後の夕食会では三大学の学生間で親睦を深めることとなった。またラハティ中学校では、訪問直前に英語の授業中プレゼンテーションを行うよう要請があり、教員共々慌てふためいたが何とか無難にこなすことができた。本フィールドワークの最終行事となったマキタ・フィンランド訪問では、電動工具メーカとして世界で圧倒的なシェアを誇る同社の競争力の背景、グローバルに活躍できる人材像などに関して巧みな話術でご説明いただき、学生たちも興味深げに聞き入っていた。

以上、駆け足でフィールドワークの行程を振り返ってきた。こうした経験を積む中で、当初怯えながら入国審査に臨んでいた学生たちは格段にたくましさを増したと思われる。

どこへ行くにもボン大学の院生や引率教員に頼り切っていた学生が、地図を頼りに、片言の英語で道を尋ねながら自分たちの力で目的地に到達した姿を目にした時、報告者はささやかな感動を覚えた。あるいは「将来はマキタのような世界で勝負している会社で活躍してみたい」、「またヨーロッパに行きたいので、余ったユーロは取っておきます」という学生たちの言葉を耳にした時、報告者は今回のフィールドワークが意味あるものであったことを確信した。集団行動ばかりではなく個人行動があっても良かった、講演者や現地の方々にもっと積極的に話しかけて欲しかった等々、課題も少なからず目についたが、少なくとも参加学生たちは、ますますグローバル化が進展する世界に向けての第一歩を踏み出してくれた。そのことに敬意を表すると共に、こうした貴重な機会を与えていただいた名城大学そして経営学部懇談会関係各位に謝意を表して報告を結びたい。

国際フィールドワーク(アメリカ)

鳥居弘志
(経営学科 教授)

2015年8月17~27日で「国際フィールドワーク(アメリカ)」実施しました。学生は2年生4人、3年生15人の計19人が参加し、大崎先生と私の2人で引率しました。

2015年度国際FW(アメリカ)

訪問先であるワシントン州シアトルはアメリカ西海岸のカナダとの国境近くに位置し、エメラルドシティと呼ばれるように海と湖に囲まれ緑が豊かな美しい街です。夏は涼しく冬は緯度の割には寒くありません。夏以外は雨が多く1年のうち8カ月は雨だと言われていまが、今年は異常気象で雨が少なく、水不足と乾燥のため大規模な山火事が発生し今も鎮火のめどが立っていません。産業面ではシアトルからボーイング、マイクロソフト、スターバックス、アマゾンといった企業が生まれており、現在も活発な起業が続く活気ある街です。

ホテル到着後、早速、ワシントン大学のキャンパス散策に出かけ、体育館、フットボールスタジアム、カヌー乗り場、図書館、講義を受けるビジネススクール校舎などを見て回りました。ホテルは、向えに大きなショッピングモールがあり、講義室までは徒歩20分ほどと便利な位置にあります。3~4人のグループで相部屋だったため少々狭かったかもしれませんが修学旅行気分で楽しんでいたようです。

3日目からの3日間は、ワシントン大学Fosterビジネススクールに於いてマイクロソフト、ボーイング、グーグルといったグローバル企業で働く実務家の方々から講義を受けました。講義は英語でしたが、通訳を付けてもらったので内容は理解できたと思います。質疑では、何人かの学生は通訳の助けをかりながらも頑張って英語で質問し、とても良い経験になったのではないでしょうか。

ボーイングの工場では、ジャンボジェットから最新の787旅客機までの製造現場を見学しました。英語でのガイドであったためどこまで理解できたかは分かりませんが、その規模の大きさには圧倒されていました。また、マイクロソフト本社ではビジターセンターに立ち寄り、展示されているパソコンや最新ソフトを体験しました。

マリナーズの本拠地セーフコフィールドでは、球場ツアーに参加し記者席、VIP席、プレスルームからグランドやベンチまで説明を受けながら見学しました。また、岩隈投手が先発したナイトゲームを観戦し、帰路、シアトルの美しい夜景を楽しみました。

他にも世界的に評価の高いワイナリーを訪問したり、高低差のある湖と海を船が往来するために作られた運河の水門で船の行き来や鮭用の水路を鮭が遡上する様子を観察したり、フェリーに乗りシアトルの街並みを海上から楽しむ等々、多くの体験・見学をしました。

学生達は自由時間に、カヌーに乗ったり、ダウンタウンに出かけ買い物やスターバックス1号店、スペースニードル等を訪れていたようです。

短い期間ではありましたが今回の経験が学生たちの視野を広げ、また学習の動機付けとなり、将来、世界で活躍するような人間に成長してくれることを期待しています。

2014年 国際フィールドワーク レポート

国際フィールドワーク(台湾)

村松恵子
(経営学部 教授)

2014年8月19日から28日まで、昨年に引き続き国際FWを台湾で実施した。台湾でのFWは今回が3回目で、過去最高の参加学生数であった(合計34名、うち男子学生12名、女子学生22名)。

2014年度国際FW

経営学部の台湾FWは現地の学生との直接交流を主要目的としている。今回、台北では交流校である真理大学の応用日本語学部の学生8名が協力してくれ、また台中では同じく交流校である国立台中科技大学の応用日本語学部の学生23名が協力してくれた。具体的には、台北では真理大学の8名の学生が名城大学の34名に対して、総統府参観、故宮博物院参観、その他、バスやMRTでの移動、さらに生活面においても、常にサポートしてくれた。また台中においても、国立台中科技大学の23名の学生が、企業訪問やその他の移動、生活面においても常に名城大学の学生34名をサポートしてくれた。それぞれ5日間ずつの短い時間ではあったが、日本人学生と台湾人学生の直接接触の中で、お互いを理解し合うという深い交流が実現した。

2014年度国際FW

異文化地域の相互理解の原点は人間の直接接触である。これに勝る方法はない。今回の交流を通じて、名城大学の学生の中から、もっと台湾を理解したい、あるいは中国語を勉強したいという熱意を持つ学生が出てくると信じている。また、台湾人の学生についても、もっと日本を理解したい、さらに日本語を磨きたいという学生が出てくるに違いない。

これらの交流は、名城大学経営学部教員と台湾真理大学および国立台中科技大学の教員の直接折衝があってこそ実現している。今後も我々教員は手を抜くことなく、学生の異文化理解に力を尽くしていく必要があると考えている。