★ Pocky vs Fran ★
●T O P ●P O S システム      ●時 系 列 分 析 ●地 域 別 分 析 ●売 れ 筋 分 析 ●A B C 分 析 ●商 品 紹 介  ●総 括

地域別販売動向





フランやポッキーはどこが売れてる?

このグラフは、チョコレートがけプレッツェルの地域別の売れ筋を比較したものです。
札幌圏では、あまり売れてないみたいです。この結果は予想外でした。寒い所の方が売れるんじゃないの!?
また、仙台圏では平均価格が低くなっています。そのため、売り上げも高くなっていると思われます。福岡・北九州圏でも、平均価格が低くなっていますが、売り上げはそんなに高くなっていません。やっぱり、暖かい地方だとあまり売れないようです。

フランが売れてるのは?

次に、明治のフラン(ノワール)を取り上げて、地域別の売れ筋を比較してみました。
やはり、首都圏の売れ筋は高くなっているみたいです。中京圏の平均価格が高いのはお金持ちが多いからなのかなあ・・・?

ポッキーが売れてるのは?

これは、グリコのポッキーの地域比較です。
仙台圏は平均価格が低くなっていますが、一番多く売り上げています。
また、首都圏では平均価格が高くても他の都市圏と同じくらい売り上げがあることが分かりました。

明治製菓VS江崎グリコ

このグラフを見ると、明治製菓では仙台圏で平均価格が高い傾向が見られますが、 江崎グリコでは、仙台圏で平均価格が低い傾向が見られます。その結果、価格が高いと売れなくなり、価格が低いと売れるということになっています。
また、2つを見比べると価格の高低が逆になっているように思います。首都圏や三大都市圏では、比較的安定した売り上げがありますが、寒い地域・暖かい地域では、売り上げが大きいか小さいか紙一重な所があるので、価格を他の地域に比べて高くしたり低くしたりして、売り上げ金額を高くしようと頑張っているのかなあと思いました。
しかし、千人当たり金額、平均価格ともに金額の単位自体、江崎グリコの方が高いことが分かると思います。

●T O P ●P O S システム      ●時 系 列 分 析 ●地 域 別 分 析 ●売 れ 筋 分 析 ●A B C 分 析 ●商 品 紹 介  ●総 括